新元号「令和(れいわ)」発表が遅れた理由は?発表時間は11時42分!

Sponsoerd Links

こんにちは!miyabiです!

2019年4月1日、新元号が発表されました!
「平成」から「令和(れいわ)」へ移る今回は平成天皇の生前退位と言うことでお祝いムード一色。
新元号に移る当日(2019年5月1日)まで更に盛り上がりそうですね。

本日は、新元号発表が予定時刻(11時30分)より遅れた理由を記事にしてまいります。
どうぞ、最後までごゆっくりご覧くださいね。

新元号「令和(れいわ)」発表が遅れた理由は?

新元号の発表は2019年4月1日の11時30分頃と予定されていたのですが、実際に発表されたのは11時42分でした。(菅官房長官が「令和」の文字を掲示した時間)

菅官房長官の掲示までの新元号選定のスケジュール(有識者懇談会など)は予定時間通り、むしろ少し早いくらいに進んでいたのですが、何故、発表は予定より遅れたのでしょうか?

まず、1つの理由として、2019年4月1日発表当日が皇居の一般開放日だったことです。
新元号が決まって、天皇陛下への署名をもらいに皇居へ行く必要があったのですが、一般開放の混雑が予想外に影響したものと考えられます。

そして、やはり元号を改める。と言うことは日本にとってとても大きなことですので、より丁寧に・確実に確認作業(書類や発表の紙など)を確認していたのではないでしょうか?

新元号発表当日のスケジュール

参考に、新元号発表当日のスケジュールを記載しますね。

9:30 官邸で有識者懇談会をし意見聴取
10:20 議長公邸で菅官房長官が衆参正副議長から意見を聞く
~11:30 全閣僚会議で閣僚から意見を聞く
~11:30 閣議で新元号を決定
11:30 菅官房長官が新元号を発表
12:00以降 安倍総理が談話発表

引用:バズプラスニュース

新元号の決定は発表ギリギリなのですね。
決まった情報が漏れないようにギリギリなのでしょう。
すごく厳重ですね。

おわりに

本日は、2019年5月1日からの新元号「令和(れいわ)」の発表が予定より遅れた理由を考察してまいりました。

「令和(れいわ)」への切り替えまであと1ヶ月。
「平成」さよなら商戦が更にヒートアップしそうですね♪

miyabiの感想としては、「令和(れいわ)」使いやすそう(書きやすいし読みやすい)のでかなり早く国民に馴染むのでは?と思っています。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

Sponsoerd Links
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です