町田くんの世界|ジャパンプレミアの当選倍率・当落発表日予想!

Sponsoerd Links

こんにちは!miyabiです!

1,000人超えのオーディションから選ばれた、超大型新人と、演技派俳優たちが共演する映画『町田くんの世界』。
ジャパンプレミアへの招待が、様々なサイトで始まっていますね。

岩田剛典さんや高畑充希さん、前田敦子さんが制服を着て高校生を務めることでも話題の本作、本日は、ジャパンプレミアの当選倍率や当落発表日を予想してまいりたいと思います。

よろしければ参考にして下さいね。

Sponsoerd Links

映画『町田くんの世界』ジャパンプレミアの当選倍率は?

*ジャパンプレミアの日程や応募先は後の章にてまとめています*

映画『町田くんの世界』ジャパンプレミアは、公式ツイッターや映画サイトなどの多くのサイトで行われています。

応募方法は、「応募フォーム」「ツイッター」「はがき」など、各社により様々で、当選倍率も応募方法によって違いが出ています。

まず、公式サイトの応募方法「ツイッター」ですが、応募開始5時間で20組の当選枠に520の応募が来ています。
締め切りまであと4日ありますので、最終的には応募数2,000くらいはいきそうですね。

そうなると、当選倍率は

2,000(応募数)÷20組(当選数)=100倍!

100人に1人当選の予想です。
ツイッター応募は比較的簡単にできるので応募数が上がる傾向にあります。
ただ、今回はツイッターでRT後に応募フォームへの入力が必要なので、もしかしたらもう少し当選倍率が下がる可能性もあります。

そして、映画情報サイトの「応募フォーム」からの応募の場合。
映画『町田くんの世界』は豪華キャストなので、1,000~2,000くらいの応募が来る可能性があります。

映画情報サイトのプレゼントは、招待数が少な目で、5組~多くて10組ほどになります。
仮に、10組(20名)当選だった場合、応募数が1,000あったとすると

1,000(応募数)÷10組(当選数)=100倍!

やはり「応募フォーム」からの応募も100人に1人くらいの当選数になりそうです・・・

そして、最後にはがき応募ですが、「ツイッター」「応募フォーム」よりもかなり応募数が少ないと思われます。
映画『町田くんの世界』ほどの規模の作品であれば、200~500通。と言ったところでしょうか。

はがき応募の場合も当選数は5~10組程度がほとんどです。
当選数が5組10名、応募数が200と予想した場合、当選倍率は

200(応募数)÷5組(当選数)=40倍!

40倍ありますが、「ツイッター」「応募フォーム」よりも当たりやすいので狙い目ではあります。
お時間やお手間が大丈夫な方は「はがき応募」にもチャレンジしてみて下さい。

*上記当選倍率はあくまでも予想です*

映画『町田くんの世界』ジャパンプレミアの当落発表日はいつ?

応募後に気になる当落発表日ですが、公式ツイッターでは「当選発表は招待状の発送をもってかえさせていただきます。」とのことなので、当選者にのみ招待状が届き、落選の発表はありません。
招待状がいつ届くのか?も記載がなかったので、今回は予想してみたいと思います。

まず、ジャパンプレミアの当日が2019年5月7日(火)。
公式ツイッターの応募締め切り(2019年4月17日に発表された追加分)が2019年4月21日(日) 23:59。

ジャパンプレミアの招待状は早ければ締め切りから3日ほどで届きますので、4月24日(水)頃にポストに届くのが最速になりそうです。

そして、今年はGWが10連休の為、郵便配達のお休みを考えると通常配達の4月27日(土)までに届かない場合は落選の可能性が濃厚になりそうです。
(GW中(4月27日(土)~5月6日(月))は4月27日(土)と5月2日(木)のみ通常配達。その他は急ぎの配達のみになるそうです。)

実際の当落発表情報につきましては、ツイッターなどで当落のつぶやきを発見したら追記していきたいと思います。

映画『町田くんの世界』ジャパンプレミア日程・応募先

映画『町田くんの世界』ジャパンプレミアの日程や応募先をまとめます。
応募がまだの方はぜひご応募下さい。

ジャパンプレミア詳細
日時:5月7日(火) 18:30開場 / 19:00開演
会場:都内
登壇者:未発表

招待者数:20組40名
締め切り:2019年4月21日(日) 23:59
応募先:公式ツイッター

公式以外の応募先については、「試写会CLUB」さんがまとめて下さっています。

映画『町田くんの世界』作品情報

最後に、映画『町田くんの世界』の作品情報をご紹介します。

公開日

2019年6月7日(金)

予告


引用:ワーナー ブラザース 公式チャンネル 

あらすじ

「舟を編む」「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の石井裕也監督が、「別冊マーガレット」に連載され、第20回手塚治虫文化賞で新生賞を受賞した安藤ゆきの同名コミックを実写映画化。

運動も勉強も苦手で、見た目も地味で、何も取り柄がなさそうに見える町田くんには、人を愛することにかけてズバ抜けた才能があった。

困った人のことは絶対に見逃さず、接した人々の心を癒し、世界を変えてしまう不思議な力をもつ町田くん。
しかし、そんな彼の前に現れた女の子・猪原さんは、これまでの人々とは違っていた。初めてのことに戸惑い、自分でも「わからない感情」が胸に渦巻く町田くんだったが、「わからないことから目を背けてはいけない」という父親の言葉を胸に、「わからない」の答えを求めていく。

石井監督にとっては初の少女漫画原作となり、主人公の2人には、演技経験がほとんどない新人の細田佳央太と関水渚を抜てき。
その脇を、岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子と主役級キャストが固める。

引用:映画ドットコム

キャスト

町田一 / 細田佳央太
猪原奈々 / 関水渚
氷室雄 / 岩田剛典
高嶋さくら / 高畑充希
栄りら / 前田敦子
西野亮太 / 太賀
吉高洋平 / 池松壮亮
吉高葵 / 戸田恵梨香
日野 / 佐藤浩市
町田あゆた / 北村有起哉
町田百香 / 松嶋菜々子

スタッフ

監督 / 石井裕也
原作 / 安藤ゆき
脚本 / 石井裕也・片岡翔
音楽 / 河野丈洋
主題歌 / 平井堅

おわりに

本日は、話題の映画『町田くんの世界』のジャパンプレミア当選倍率と当落発表日を予想してまいりました。
主役2名が演技経験のない2人に対し、その他のキャストの豪華なこと!

予告から伝わる町田くんの不思議な世界観も楽しみなので、ジャパンプレミア当てて、観に行きたいと思います♪

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

Sponsoerd Links
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です